自由な記事

自律神経失調症からの回復、そして復職へ

Pocket

私事ですが、最近自律神経失調症からの復帰を果たしました!

私がこの病気になったのは、約2ヶ月前のことになります。
記事も書いていましたので、気になる方は是非お読み下さい!

自律神経失調症になりました。その後の闘病生活と治す方法。おはようございます。こんにちは。こんばんは。 まちやかです! 2018年10月からずっと激しい頭痛に悩まされていました。 何が...

こんなことがあって、今は無事仕事に復帰しました。

復職までに至った経緯と闘病の記録を紹介したいと思います。

同じ症状の方の励みになれば幸いです!

闘病の記録

私の症状は頭痛でした。

休職したてはまだ体の影響がひどく、鉄のロープかなにかで頭をきゅっとされるようなそんな頭痛が、一日中続いた時がありました。寝転んでいても収まらない痛み、薬を飲んでも、気持ち程度しか和らげない痛み。辛い日々が続いていました。

痛みから解放されることは『寝る』ことだけ。そんな痛みの中寝れるのか?と思った方もいたかと思います。でも痛みに耐えることに体力を使う内に、知らぬ間に寝ていることが多かったです(笑)

日常生活もなかなかこなせない生活が続いていたのが現実です。

痛みが続く日が週2、3日程度になったのは、病気になってから約1ヶ月ぐらいです。
それまでは毎日はざらでしたので、だいぶマシにはなっていました。

医者からは毎日規則正しい生活と、適度な運動、原因の仕事のことから離れること。

それを愚直にこなすことだけでした。

また、月に2度の主治医との面談と、月に1度の会社の産業医と上司との面談がありました。
主治医の先生とは日常生活のことの相談、産業医と上司とは仕事の悩み、相談をしていました。

正直、原因が仕事だということは間違いないので、仕事の愚痴はたくさん吐きました(笑)
でもそれが会社に伝わればいいと思って、言うのは結論的には良かったと思います。

自分の思いをしっかりと伝えること。建前じゃなく本音を言うこと。これが大事です。

気持ち的にもしっかり悩みを聞いてくれる、解決してくれる。
そんな安心感を得られた様な感じです。

そんなこんなで、頭痛を意識しなくたったのは復帰する2週間前ぐらいから。

それからは復職に向けた、仕事の生活リズムを戻すことと、上司との復帰面談等でした。

いつ復職するとか、どういう仕事をするのだとか、そういう面談ですね。

仕事の生活リズムは、今まで狂っていた体のリズムを戻すことですね。

朝決まった時間に起きて、決まった時間に寝るという感じです。

朝起きてからは家事をしたり、もちろんブログを書いたりしていました。

ラジオ体操とかして運動もしていましたよ(笑)

とまぁこんな感じで、復職をしました。

復職後

一日目はやはり周りの目が気になりました。休んでたいうことはもう会社全体に広がっているはずなので、色々言われるのが恐かったです。

でも気にしていたら仕事もできないんで、何も考えずに、いつも通り何もなかったかのように、職場に戻りました。

もちろん挨拶ぐらいはちゃんとしましたけどね(笑)

気持ちの持ち様はとにかく大変だと思いました。
また再発する恐怖と戦わないといけませんからね。

ただ、悩みは全部上司にはぶつけているのでそこは安心することができました。

何かしら心のより所がないと正直厳しいと思います。
悩みは全部ぶちまけて、一人で抱え込まないようにしましょう!

心の病気は原因となった元を断つのが一番だと思いました。
風邪とかインフルエンザは薬を飲んでウイルスを倒せば治りますが、心はそうにもいきません。

まだまだ復職したばかりですが、悩みは抱え込まずにこれからもしていきたいと思います。

まちやか
まちやか
同じ症状の方がいれば是非連絡下さい!一緒に治しましょう!
Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。