お役立ち情報

飛行機の出発時間はいつ!?

Pocket

おはようございます!こんにちは!こんばんは!
まちやかです☆

皆さん、飛行機に乗ったことはありますか?
出発時間は電車の様に決まっています。
でも出発時間はまだなのに早く飛行機内に案内されたことはありませんか?

実は飛行機の出発時間というのは〇〇の時なんです!

今回はそれを紹介します!

リーくん
リーくん
一体いつなんだ。。?
まちやか
まちやか
うふふ、いつなんでしょうね?!

飛行機の出発時間はタイヤが動き出した瞬間!

結論から言いますとタイヤが動き出した瞬間です!

そうなんですよね!ドアが閉まった瞬間でもなく、飛行機が離陸した瞬間でもないんです。

意外でしたか?知ってるわ!って方はごめんなさい^^;

でも大半の人はご存じではなかったはず!

ちょっとした雑学にはいいかも知れませんよ!

さて、働いている方からみればこの時間というのはすごく大切なんです。

それを今度は細かくお教えしますよ☆

定刻に出発するのは航空会社の生命線!

ドラマとか映画でもよくやっていますが、定刻に出発する航空会社は信頼されます。

電車でも同じですよね?毎回遅れて運行する電車なんてあてにならないですし、大事なイベントに遅れると迷惑ですよね。それと同じで、時間を守る航空会社というのはお客さんに乗ってもらえる一つの要素となんですね。

定刻に出発させる為に航空会社の人々は色んな策を使っているのをご存知ですか?

①普段より出発時刻を早める。

これはなかなか荒業ですが、結構やっている会社はあります。

空港に着いて、出発時間の横に色違いで出発時間が早めに書いてある時があります。

これは今日は早く出発しますよ~っていうサインなのですが、航空会社にとってはお客さんに早く乗ってもらって実は定刻で出発させる為の策なんですね。

これをすることによって早く搭乗するよう促しています。

②声掛けを怠らない。

チェックインする時に、『早めに保安検査場に行ってください!』とか『ゲートはどこどこで何分までに来てください!』などの案内があるかと思いますが、これも一つの策です。

空港はしかし広いので、案内は必須なのですが、何分チェックインした人を全員時間内に搭乗させないといけないので大変です。その為に案内は怠らずにするんです。案内のチラシとかもそうですね。とにかく必死なんです(笑)

③走り周る!

意外と空港職員っていうのは体力を使います!

時間が迫っている時に後一人お客さんが来ていない!ってなるととにかく人を使って、足でお客さんを探します!

時には大声をだしたり、ラミネートの案内板を駆使してなんとしてでも探します。
見つからない時は乗り遅れとして飛行機に乗れなくなってしまうんですが、極力乗って頂くために走り周ります!

というのも出発時刻は説明した通りタイヤが動き出す瞬間です。

12:00であるならば12:00にお客さんが飛行機に全員乗ってらだめなんです。

タイヤが動き出すまでに、ドアを閉めたり、CAさんに引継ぎしたり、お客さんが全員座っているかなどチェックすることはたくさんあります。

なのでやっぱり5分くらいはかかるんですよね。ということは11:55には全員乗せないといけないんです!

これが意外とお客さんは盲点なんですよね。まだ時間あるのに、、というのはこういうことがあるので早く乗って頂く必要があるのです。

まちやか
まちやか
いかがでしたでしょうか?次に飛行機に乗る時は時間を意識して乗りましょうね!さもないと乗れませんよ☆

 

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。